「5αリダクターゼ」の制御がAGA治療のカギを握る!

「5αリダクターゼ」の制御がAGA治療のカギを握る!

「5αリダクターゼ」という酵素の正体

site_single_05

AGA(男性型脱毛症)とは、髪の生え際や頭頂部が薄くなる症状で、成人男性によくみられる髪の毛が薄くなる状態のこと、俗に言う「若ハゲ・M字ハゲ・頂点ハゲ」とも呼ばれるものです。

特徴としては、体の栄養状態や年齢に関わらず抜け毛が進行して薄毛が目立つようになります。薄毛の原因がAGAだった場合、一般的に売られている育毛剤やシャンプーだけでは改善は難しく専門的なクリニックやAGA治療薬などのなアプローチが必要です。

現段階でわかっているAGA発症のメカニズムと根本原因は男性ホルモンが密接に関わっています。AGAは男性ホルモン(テストステロン)が薄毛の原因となるDHTに変化してしまうことで発症します。
では、どうして男性ホルモンは脱毛ホルモンDHTに変化してしまうのでしょうか?

「5αリダクターゼ」というあまり聞き慣れない酵素、これがその答えです。

5αリダクターゼは毛根近くの皮脂腺から分泌される酵素の一種で、男性ホルモンをDHTに変換してしまう作用があります。つまり、5αリダクターゼと男性ホルモンが関係することAGAは進行してしまうのです。

5αリダクターゼによって脱毛ホルモンとなってしまったDHTは、髪の毛の成長を阻害するスイッチを入れてしまいます。
AGAによって脱毛スイッチが入った細胞には、もう栄養を届ける必要はないと判断して血流は低下し、髪の毛への栄養補給が止まてしまいます。

その結果、毛の毛は本来の寿命よりもずっと早くに弱くなり抜け落ちてしまうのです。昔はフサフサだったのに急に抜け毛が起こる現象も、こういった場合で起こります。

AGAと5αリダクターゼの関係をまとめると・・・

①体質や遺伝により5αリダクターゼが生成
②5αリダクターゼのせいで男性ホルモンがDHTに変化
③DHTが脱毛指令を出してAGAスタート!

DHTの分泌量ですが、遺伝的要素やホルモンバランスによって左右されます。しかし比較的、皮脂肌(オイリー肌)の人は普通肌の人よりもDHTの影響を受けやすい傾向があるといわれています。

「5αリダクターゼ」を制御するには?

site_single_06

既に発症後のAGAや進行してしまっているAGAには専門的なAGA治療が必要になります。
日本では現段階でAGA治療に有効な薬は「ミノキシジル」と「フィナステリド(プロペシア)」の2つです。他に有効なAGA治療薬は国内にはありませんのでAGA治療を根本から行う場合はこの2つのAGA治療薬は欠かせません。

もちろん、薬剤治療をサポートする日々のAGA改善習慣も重要となってきます。AGAは血行状態や男性ホルモンが関わる症状なので、改善するためには生活習慣や栄養バランスを意識する努力も必要です。
例えば亜鉛 やノコギリヤシエキスという栄養素。

亜鉛とノコギリヤシエキスには、5αリダクターゼを制御する働きがあると言われています。現在の薄毛・抜け毛・ハゲの原因がAGAだった場合、これらの栄養素が不足することで5αリダクターゼの制御が出来なくなり男性ホルモンは脱毛ホルモンであるDHTに変化してしまう事もあります。

特に亜鉛は古くから滋養強壮としても使われる栄養素ですし男性に不足しがちな栄養素の1つでもあります。薄毛やAGAの心配がある方は、積極的に摂取した方が良いといえる栄養素です。ただし、亜鉛とノコギリヤシエキスに関してはAGAの発症前やまだAGAの進行が遅いAGAの場合に有効ですのでご注意を。

習慣になるまで少し面倒かと思いますが正しい生活習慣を繰り返すことで、AGA治療薬の効果をより吸収しやすくなります。
自分の体質や薄毛の状態をチェックしながら栄養素やAGA治療薬を用いて5αリダクターゼを制御させましょう。