男性ホルモンが多いと薄毛になるというのは本当か?

男性ホルモンが多いと薄毛になるというのは本当か?

男性ホルモンが薄毛を引き起こすメカニズム

男性ホルモン

男性も成長期から男性ホルモンが盛んに分泌されますが、95%はテストステロンという男性特有のガッシリした体格を形成し、髭など体毛を濃くして性欲を盛んにするホルモンです。
スポーツ選手などはテストステロンの分泌量が多いようです。
実は、テストステロンはドーピングに使われるステロイドの原材料でもあります。
また、頭皮をバイ菌の侵入や水分が逃げることから守る皮脂を作るものテストステロンです。

もしや、そのテストステロンが薄毛の原因?いえいえ、それなら中高生以上の男性全員薄毛ということになります。
ただ、テストステロンと頭皮の毛乳頭細胞にある還元酵素5-aリダクターゼとが結合すると、ジヒドロテストステロン(DHT)というテストステロンの20倍と言われる強力な男性ホルモンが生まれます。
このDHTが毛乳頭細胞の中にある男性ホルモン受容体と結合すると、成長抑制因子TGF-βが誕生します。このTGF-βが毛乳頭に成長を抑制するよう命令を出すと…後はお分かりですね。

悪い男性ホルモンの対策、あります

「何だ、やっぱり男性ホルモンテストステロンが薄毛の原因じゃないか」と思いましたか?問題なのはテストステロンそのものではなく、テストステロンがDHTに変化することです。
では、DHTへの変化をどうすれば抑えることができるのかということになってきますね。

有酸素運動をする

理屈で言うならテストステロンの分泌量が多いスポーツ選手はみんな若ハゲになっているはずです。でも、そうではありませんよね?
ドーピングしていたことが知られている人でも髪フサフサの人は多いです。その理由は、運動しているからです。
テストステロンは有酸素運動をすることで体内のたんぱく質と結合する習性があります。
つまり、還元酵素と結合してDHTになるテストステロンが少なくなりますから有酸素運動が有効と言えるわけです。

DHTを抑制する食事はこれ!

豆腐、納豆、豆乳などの大豆食品に含まれるイソフラボンは5-aリダクターゼを阻害します。
更に紅茶を一緒に摂取すればDHTを抑制することが可能です。緑茶でもよいのですが、緑茶の場合は過剰に取るとテストステロンも減らしてしまいます。
また亜鉛も有効。納豆、レバー、牛肉、シジミなど。それと亜鉛の吸収を助けるビタミンB6も一緒に食べるとより効果的。牛肉、豚肉に魚の赤身、それとピーナッツ。特にかつおの赤身は亜鉛とビタミンB6を同時に摂取可能です。
また、柑橘系の育毛剤が多く出ているのは、皮に含まれるリモネンという成分が5-aリダクターゼを阻害する効果があるためのようです。

ノコギリヤシが薄毛に有効とされるわけ

最近サプリメントが各社から発売されているノコギリヤシが薄毛に効くと言われています。
理由として、亜鉛やイソフラボンと同様、5-aリダクターゼの働きを抑制するためとされています。

もともと、僕がお世話になっているクリニックのようなAGA治療院で処方されるプロペシアと同様に、前立腺肥大の治療薬として研究されていたのですが、その前立腺肥大も原因がDHTなんですね。
治療薬として用いられるくらい本格的で、しかも自然成分ですから安全です。
ですからノコギリヤシのサプリメントを飲むのはら頭髪のケアに効果的と言えます。
と言っても医薬品のプロペシアほどではありません。あくまで補助的に、ということで。